2012年3月29日木曜日

月額課金制度

昨日のニュースでGoogleが4月から月額課金制度を導入するとの事です。

それについて昨日仕事をしながら考えてました(^-^;

わいわいとしては課金ということにこだわりはありません。

なぜなら、スマートフォンを使う方が便利になってくれればいいと考えているからです。

広告を入れている理由は、当初は震災のための、義援金捻出でした。
現在は、ロボットなどで、将来の人達に希望などをもってもらうためなどに使用していこうと考えてます。

お陰様でぱすわ〜ど帳は、たくさんの方々にダウンロード頂いておりますが、広告を入れるが故の不満点(パーミッションのもんだい)を潜在的に抱えてます。

それが故に躊躇される方などもいらっしゃる状況です。

そのためSAを供給しているのですが、有料であるが故に購入を躊躇している方もいらっしゃると思います。

なのでわいわいとしては、広告なしのSAを月額課金制のアプリにも供給していこうと考えてます。

ただその場合、月額99円でお金をいただくのは非常に忍びないです。
正直月額99円はもらいすぎなので
月額の場合には例えば30円や50円といった、従来のSAよりもっと少ない料金でいいかと考えてます。

現状はGoogleのマーケットは最低額が99円しか設定できないためそうしているのですが、月額では更に低い額を設定出来ることを望みます。

もしそれが出来ないのであれば、テーマなどの機能追加を行っての月額制度を導入しようとかんがえています。

皆さんはどう思われるか聞きたいのでご意見をお願いします。

3 件のコメント:

  1. こんばんわ
    ぱすわ〜ど帳SAの月額課金制度についてですが、
    現在99円のぱすわ〜ど帳SAを月額課金制度にする必要はあるのでしょうか?

    >有料であるが故に購入を躊躇している方もいらっしゃると思います。

    月額課金も有料なのでこの問題は解決しないのでは?

    >月額の場合には例えば30円や50円といった、従来のSAよりもっと少ない料金でいいかと考えてます

    月額30円にしても4カ月使用すれば現在99円のSAより割高になるのにあえて月額課金版を選択する利用者は居ないのでは?

    テーマなどの機能追加といっても月額数十円に値する機能追加などありえるのか疑問です。
    (ぱすわ〜ど帳SAのアプリの性質的に機能追加する要素がそれほどあるのかという疑問)

    今後のアプデは月額課金版のみにするとかの差別化を行う思惑でもあるのでしょうか?

    その辺のところのわいわいさんのお考えが知りたいです。

    返信削除
    返信
    1. コメントありがとうございます。

      kiiobuuさんのご指摘通り、本質的には月額課金制度をも提供する必要は全くありません。
      私自身もSAを月額課金にて提供する必要性を全く感じていません。
      また、私自身はこれで儲けようとは全く考えていません。
      また、30円などと書いたのは特に意味はなくて、10円でも5円でも全く問題ありません。

      ではなぜこう考えたかを説明します。

      1.Androidの有料アプリを普及させるめ。
      2.Androidでロボットを操作するなどの、将来の方々への夢を持ってもらうための資金捻出

      の二つです。

      1.について説明します。
      ご存知の通り、Androidのアプリはそのほとんどが無料で提供されています。
      一方有料アプリは90%以上が5000DL以下と惨憺たる状況です。
      それに比べてiPhoneの方は有料アプリがちゃんと売れる状況です。

      Androidの普及を考えた場合、ビジネスとして成り立つ事が重要となってきます。
      現状は上記のような状況があり、Googleが本当に月額課金を導入しようとしているなら
      この状況の打開に動き出したのだと思いました。
      ならば、その動きについていき、Androidの普及に役立つ事ができるならば、
      たとえ、批判されようが、その一役を買おうと考えた訳です。

      月額課金はトータル的にはより多くの料金が高くなってしまいますが、
      料金を支払うという行為のユーザーさんの心理的ストレスは軽減します。
      これは、auのスマートパスが好調なのでもわかると思います。


      次に2.について説明します。
      ご存知のように長引く不況と様々な政策や状況により、若い世代への
      お金が回らなくなり、日本という国がだんだんと暗い状況になりつつあります。
      そんな状況のなかで、将来を担う若い世代にもっとキラキラと目を輝かせて
      欲しい。そんな思いでAndroidでコントロールするロボットを作りました。
      (この記事はブログにも書きました)

      それをもっと推進していくためにはもう少し資金が必要になってきます。
      その資金捻出のために、より安定した収入を得る必要があると考えた次第です。


      うーん、非常に繊細な問題のためにちゃんと伝わったかが心配な
      ところです。

      削除
  2. 返信ありがとうございます。
    アプリ開発者としての立場と自身の目標(夢)のために本プログの内容を書かれたことは理解出来ました。
    確かに開発者にとっては月額課金という制度は安心・安定を得られる良い制度だと思います。
    その分アプリの質を求められたり、リスクも高くなるでしょうけど。

    まだGoogleの公式発表が報道されていないですが、私はこの制度の導入には疑問や不安を感じております。

    どうかAndroidアプリのマーケットが衰退するような事にはならず、開発者も利用者もお互いに有益となる制度になってもらいたいですね。

    返信削除